orangemangetsuのブログ
梅雨のある日。

image


唯一覚えた鉄子技の青空フリー切符で
久々のひとり旅に出かけました。

今回は松坂までの利用です。

image


松坂からは近鉄に乗り換えまして
斎宮(さいくう)という駅で降りました。

image


史跡公園口から出ました。

この駅舎は2015年に設置されたそうで
真新しい感じでした。

image


ひとり旅で雨が降っているということは…

image


気を取り直して散策開始です。

今日は一日中「ここ」にいるという
ある意味贅沢な、ある意味ゆるい計画。

image


ただ一周するだけなら1時間程のコースです。
こんな立派な案内板があるとは
思いませんでした。

image


2年ほど前にこの斎宮跡のある明和町が
日本遺産に認定されたからなのでしょうね。

image


ひとまず雨が強かったので
駅のすぐ前にある
いつきのみや歴史体験館に入る。

こちらは主に平安時代にちなんだ
さまざまな体験や講座が一年中開催されているようですが
平日なので閑散としていました。

カップルが1組、平安装束試着体験中で
着付けをしてもらっていました。

image


雨が小降りになったので
歩きますか。

image


斎宮跡10分の1史跡全体模型のある広場。

一辺120mの碁盤の目状の土地区画が
7区画×4区画という規模のものが存在していたことがわかっているそうです。

image


その空間では生活から官庁的なことまでがすべて完結するというように
都のミニチュア版のような機能を持っていたようです。

そして斎宮の周りには
斎宮で働く役人とその家族の寮もあったようです。

image


再現されている斎宮跡の規模は
斎宮全盛期の平安時代前期の頃のもの
とのことです。

飛鳥時代・奈良時代の頃は
もう少し小規模なものだったそうです。

image


公園内の道かと思いきや
発掘された古代伊勢道を場所もそのまま
再現している道とのことです。

幅は9mある広い道。
昔の道がこんなに広くてまっすぐだったなんて
不思議な感じでした。

image


10分ほど歩くと
斎宮歴史博物館に着きました。

image


今日の目的地です。
博物館の建物の地下には遺構がそのまま残されているそうです。

image


斎宮のことが
なぜだかずっと気になっていました。

image


斎宮について
「文字からわかる斎宮」
「ものからわかる斎宮」
とテーマを分けて展示されています。

image


二本の映像展示もあり
ゆっくり鑑賞できました。

image


墨書土器(ぼくしょどき)という
お皿の表や裏に、字の練習のような走り書きが書かれた発掘物の展示が
多くありました。

昔、紙は高級過ぎて使えず
儀式などで使い終わった捨てる土師器(はじき)に
文字の練習をしていたそうです。

image


ゆっくり時間をかけて見学できましたが
ほとんどの展示は平安時代前期の
雅な時代の説明がほとんどでした。

image


私が気になっていた飛鳥時代や奈良時代の部分は
あまり解消できなかったですが

image


発掘された場所を実際に歩いたりすると
なんだか胸がいっぱいになりました。

image


いつき茶屋という休憩施設で昼食の予定でしたが
なんだか食べる気がしなかったので

image


伊勢志摩限定の大吟醸アイスを購入して
外の縁台でいただきました。

image


そのあとは
さいくう平安の杜という公園へ。

碁盤の目状の区画を仕切っていた道路の発掘を
そのまま再現したもので幅が12mほどです。

image


日本遺産とは
地域活性を目的とするもので

世界遺産や指定文化財の保護を目的とするものとは区別します。

image


斎宮の役所の中心であった3棟の復元建物を
発掘調査の成果を活かして忠実に再現されています。

image


掘立柱建物という穴を掘って柱を立てる
伊勢神宮と同じ建て方だそうです。

image


線路の反対側へ廻り伊勢街道へ出て

image


式内竹神社へ。

image


竹神社は元は歴史博物館の近くの森の中にあったそうですが
明治時代に合祀されてここにあるそうです。

image


ご祭神が12神も。

瀬織津姫は御前崎の池宮神社を訪れた時もいらっしゃった神様です。

image


この場所は斎宮の全区画の中心部分に位置していて

竹神社を囲むように大型の柵列跡が見つかっているため
神事が行われる内院だったのではないかとされています。

image


梶の葉は神事に使われる植物だそうです。

昔の七夕は梶の葉に願い事を書いていたそうです。

七夕は日本の五大節句のひとつとして
大切な神事が行われる日であり

願うとは本来は実りの豊作を願うことだったのですね。

image


今の願い事とはかけ離れているように思いますが

その時代で願うということの意味や内容が
変わっていくのでしょうか。

image


Comments

    • ハム太郎's comment
    • July 16, 2017 11:42
    • なかなか良さげなところですね。

      次に伊勢方面へ出掛ける際には寄ってみたいと思います(*´∇`*)
    • オレンジ満月's comment
    • July 18, 2017 08:26
    • ハム太郎さん。

      はい、私も次は海の方も見てみたいです。
      私のつたないブログで
      少しでも伝わったのでしたら
      とてもうれしいです(´∀`)

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ